現在直面している介護業界の問題で、介護を求める人が増えているにも関わらず、介護を行う人材が不足している。このままでは既存で働いている介護人材の負担が大きくなり、大切な人材をもっと失ってしまう可能性があるのだ。そこで現在行われている取り組みとして、新しい人材の育成だ。介護を学べる教育施設を増やしていき、即戦力として活躍できる人材を一人でも多く増やそうとしている。また介護施設では、OJTや研修などの制度を充実させることで、経験がない介護人材も少しずつ成長できるように取り組んでいる。まだ取り組みが行われていて、そこまで期間が経過した訳ではないが少しずつ優秀な介護人材が増加中だ。重度な介護を求めている方に対しても適切な介護を行い、快適な生活ができるようにサポートしている。

もう一つは介護業務を行っている人材に対し、給料アップをする取り組みが実施されている。多くの体力を消費する仕事にも関わらず、給料が低く定められていて、長年働いていても相応のお金を獲得できないことも多かった。しかし高い給料を定めることで、少しでも介護業界に興味を持ち、人材を確保できるように国からの取り組みが行われている。これによって同じ介護業務をしても獲得できる給料が増えていて、給料面の改善が進められているのだ。更に正社員雇用も増えているので、安定して長期間働けるようになっており、若い人を中心に介護業界に興味を持っている方が増えている。このような取り組みが実施されているので、少しずつ人材不足の問題を解消しているのだ。