介護業界では、介護職員の離職率が高いことや他の業界と比べてベテランの賃金が上がりにくいことなど様々な問題がある。特に、特養や老健などの入所型の施設においては人材不足が慢性化しており、質の高いスタッフを雇い入れるため、給料や業務内容などの処遇の改善やスキルアップの支援が積極的に行われることも多い。そこで、介護職員として将来に繋がるキャリアを重ねたい場合には、新人・管理職への研修や福利厚生がしっかりと整っている職場を選ぶことが大切だ。また、職場内の介護職員の人員にゆとりがあるところを勤務先に選ぶことも重要といえる。

介護業界で業績が良い民間企業や社会福祉法人などが経営する介護施設では、介護の仕事に興味を示す求職者を対象に、職場体験や就職説明会などのイベントが開催されることが多々ある。働きがいのある介護業界の職場を探したい時には、このようなイベントを利用したり、色々な施設の公式サイトや求職者用の資料をもとに、介護職員の待遇や働き方について時間を掛けて調べてみると良い。また、実務経験を積んで介護福祉士やケアマネジャー、ホームヘルパーなど、介護現場で役立つ資格の取得をしたい人であれば、希望者に対して終業時間後に勉強会やセミナーなどを実施している事業所を見つけることが大事だ。その他、就職活動中に自分なりに介護業界の問題点を把握するため、テレビやネットのニュースに目を通したり、各地の介護現場で勤務をするベテランの介護職員の話を聞いたりすると良い。今後の介護業界について書かれたこちらのような参考サイトを活用するのも一つも方法だ。